りれき こめんと とらっくばっく

  カダ



かてごりー

かころぐ

ルーラ

さがす


おしらせ

スポンサー広告…スポンサーサイト

--/--/--

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


イベント…生主を探して

2014/01/31

 
最近はニコニコ生放送を良く見る様になった。


イベントの実況を依頼しないとだからな!


現在水面下で出演交渉を行っている。


スポニチにすっぱ抜かれないように注意しなければならない。


去年のラツィオみたいにはなりたくないからな!
  →つづきを読む

スポンサーサイト


イベント…対人大会を考える

2014/01/27

 
コロシアムの仕様をちょっと確認してみた!


練習モードでは、案の定4-4で指定した相手と戦える事を確認した。

練習モードだろうが、公式戦だろうが「観戦」が出来ない事を確認した。


おま・・・対人で観戦できないってどういうことだ・・・。

ワシの中にいろいろな不安がよぎる。


このままでは、開催しても盛り上がらないかも知れない。

対人大会は「観戦できる」という所が、やっぱり熱くなるところだと思うのだ。

もちろん、観戦できずとも、参加者は楽しめるがのう・・・。


ワシは考えた・・・!

そして閃いたーーー!!(ピコーン)  →つづきを読む


ブログについて…インフル対策

2014/01/26

 インフルエンザ、流行ってますな~。


ワシの戦友もついに、インフルに倒れました。

というわけで、まずはインフル対策を書いていきたい。

当たり前の対策は、書かないぞ!


1.ゲームコントローラーは菌だらけ

時々除菌シート等で拭いたりしよう。加えて、ゲーム後は手洗いをしっかりしよう。


2.良質な睡眠を取る。

睡眠って、超大事。規則正しい生活による、睡眠時間の確保は当たり前。

だけど、それ以上に寝る1時間くらい前には、DQをやめて、携帯の画面も見ないようにする。

寝る直前の歯磨きも同様に御法度だ。

これを守るだけで、睡眠の質は上がり、抵抗力も失われることは無いだろう。


3.疲れるほどにやりすぎない。

疲労していると、その分抵抗力は落ちる。

だから、次の日に疲れが残るほどのプレイはしない方がいい。


ちなみにワシは、1はしっかりやってるけど、2,3は全然だめだなww


おかげでインフルになりそーな状況にある。
  →つづきを読む


主な登場人物…持ってる男

2014/01/25

 この世の中には持ってる人、持ってない人がいるという


ワシは、そんな事は決してないと思う。

たまたま運がいいか悪いか、それはあるかもしれない。

だが一番大事なのは、楽しめているか、そうでないか。それだけだ!

全てにおいて、それだけだ!
  →つづきを読む


イベント…ブログイベントを考える

2014/01/24

 過去の記事をちょくちょく見直しているんだが


本当に、自由に書きたいことだけを書いているw


方向性は正しいと思うのだが


ワシ的には、盛り上がりに欠ける気がしている。


全然「頑張っている感」がない。


ワシも現役ではないが、まだそれなりに血はたぎっている。


こう、心が震える。


魂が熱くなる何かをせねば、ならない!


出来る内に!!

  →つづきを読む


戦争について…斥候の如く

2014/01/23

 斥候とは何か。


それは主に、敵の位置・数などの情報を見方に伝える「偵察」の事である。

戦争において、敵の情報は非常に貴重なものであり

情報で味方を支援し、戦闘における勝利の立役者となりえるのが、斥候である。


そして、情報はなるべく簡潔で、具体的で、正確なものが良い。

それを見た味方が、すぐに理解できる様に伝えることが重要である。


例えば・・・


斥候A 「グレン武器屋前オーガ3内僧侶1 待機中」(敵目視報告)

斥候B 「グレン西口、グレン酒場前c」(クリア報告)

斥候A 「オーガ3 酒場方面へ」(注意喚起)

斥候B 「了解」(多分隠れるか、逃げるかする)

遊軍  「こちらプク4、グレン西よりグレンへ入る」(多分、この後交戦)


これだけでは少しわかりにくいが、一つの軍でより多くの情報を共有し、

それをいかに役立てるかが、非常に重要となる。


今、平和なアストルティアで、これを思い出すことになるとは・・・


  →つづきを読む


仲間モンスター…最強のバトルレックスについて【途中経過】

2014/01/23

 常々考えてきた最強のバトルレックスについて、ある程度の答えを見出す事が出来たので

ここに記しておきたい。


まず前回の記事で最後に試したのが以下のスキル。


・防御型
 レックス40 オノ32 みのまもり40 力7
(パッシブ内容 HP+20 攻撃+90 防御+150 会心+10 回避+5)

みのまもりに40振った、文字通りの防御型であった。
(この時は転生4回の為、振れたスキル値は109、足りない分はオノや力を削った。)


そして、ツメ斧まも(ワシ)、サポ2(杖マセン・僧侶)、レックスの構成で

ピラミッドに挑んでみた。

1~3層は、無事に突破できた!

そして4層で、やっぱり死んだ・・・。


マヒャデドスとかドルモーアが防ぎきれない+サポ僧侶では回復が追い付かない

という状況だった。

たしかに強いが、4層には耐えられない。それが防御型の結論でした!

※フルサポの場合です。肉3ないし、肉2なら余裕と思われます。

  →つづきを読む


戦争について…戦いの果てに

2014/01/22

 
実は前回の戦争の記事には続きがある。


劣勢な自軍で戦い、敗れ、本拠地まで占領されてしまったその日の事だ。

その前日まで連戦連敗の自軍ではあったが、戦いの内容は徐々に良くなっていた。

それをワシは間違いなく感じていた。


そしてその日一番参加者が集まる時間帯に、ワシは自軍領での野戦にて「1勝」することが出来た。

続けざま、敵軍領の戦いでも1勝できた。(アウェーの方が勝ちにくい)

勝つこと自体が久しぶりだった。それなのに連勝までしてしまったのだ!

そうして、一般的に人が減る24時に軍隊を解散し、勝利で終えた自軍であった。


しかし、腹の煮え繰り返る敵軍、および敵軍司令官は、24時に軍隊を解散させなかった。

この1勝、2勝をもみ消すがごとく、圧倒的な戦力で本拠地に攻め入り、

自軍本拠地を制圧するのであった。


これが前回の記事の背景、正確な内容だな。

ワシはその時、確かに本拠地が制圧されて絶望していた。

だが、その前に挙げた一勝(正確には2勝)は絶対に消す事は出来ず、

明日また明後日、その後の戦闘で必ずこの分の勝利を取ってやる、

と気持ちを新たにしていた。


余談だが、確かにその日の夜間の襲撃による影響で、自軍の調子は若干落ちたものの

数日内に見事に息を吹き返し、圧倒的劣勢から、対等になり、その後優勢になり、

自軍の連勝が始まった。勝って勝って勝ちまくった。

それは敵軍が戦意を完全に喪失するまで、続いていったのである。


何が言いたいのか、というとだな。

  →つづきを読む


戦争について…砂を噛む思いをした!

2014/01/21

 その戦争は、2つの軍に分けて行われていた。


一方が優勢になると、もう片方は劣勢になり、

劣勢な軍を優勢な軍が狩り続ける、それが長く続く傾向にあった。


ワシは当時、劣勢な軍隊に所属しており、軍の総力を上げた本隊戦では連戦連敗。

いくら頑張っても負ける為、軍の本隊を指揮する者も、

名乗り出てこないような状況にあった。


指揮が立たねば勝負にもならぬ為、ワシは意を決してその軍の指揮者になった。

劣勢な中でも人は集まり、敵軍と戦うもワシの力では勝たせる事が出来なかった。

序盤は10戦して、10連敗だったのを覚えている。


中でも、自軍の本拠地近くで負けて、そのまま敵が自陣本拠地に攻め入り

本拠地が占領されてしまった時の絶望感たるや、相当なものだった。

それは戦争をする者達にとって、最大規模の屈辱だったからだ。


戦争の規模は両軍合わせて100以上、

ワシの頭は味方に対する申し訳なさと悔しさで一杯だった。


その時の悔しさをこえる屈辱が最近あった。

たった4人でPTを組むドラクエ10で!w
  →つづきを読む


仲間モンスター…最強のバトルレックスを考える

2014/01/19

 
これについては、以前からずっと考えてきた。


そして、出した答えの一つである「超攻撃的なスキル振り」で

何度かピラミッドに挑んだ結果、わかってきた事があるので書いていきたいと思う。


  →つづきを読む



  ぶろぐのとっぷへ  つぎへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。