りれき こめんと とらっくばっく

  カダ



かてごりー

かころぐ

ルーラ

さがす


おしらせ

スポンサー広告…スポンサーサイト

--/--/--

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


DQMSL…【DQMSL】セレクションの惨劇【第9話】

2014/09/15

 うえーい!

元気ー?

ワシはだいぶ元気になってきた。


明日でピサロイベントも終了するな。

多くの人が予想済みだろうけど、この後、ラスボスガチャが実装される見通しが強い。

既に、この2週間で90kぐらいぶっこんでいるワシは非常に判断が難しい勝負となる。


いや、回避。回避が常考だろう。

既に90kやっているからでは無い。

この運営の方針は、明らかにおぞましい何かを感じる。

そう、既に90kやっていて、ワシが欲しがるような

いわゆる人気モンスターは、何一つ手に入っていない。

そこに恐しさ、深い闇を感じるのである。


だが、もし、次のラスボスの時、満足できる情報開示があったなら・・・!

いや、それでも勝負は避けるべきだろう。

ワシは自分で計算した期待値で80%を外してきている。


それはワシの引きヨワ+計算ミスなんだろうが。

それだけでは、説明できない色々な何かがある。

キラキラウォーカー、まとめサイト、そして過去にあった数々の事件、

ここの運営は「何でもあり」の匂いがするのである。


そう、この世界もまた「何でもあり」なのであった。


第9話 「セレクションの惨劇」

  


追記: 前回までのあらすじ

かくかくしかじかで、以前勤めていた店から大量の刺客(ギャオース30体)が送られたワシ。

わたぼうと相談して、ワシはそれを迎え撃つ事にした!


その作戦は、以下の通りである。


ギャオースはヘルダイバーに転生する事を夢見ている。

その際、必要となるのがリザード、ドラゴン、ツリー、リーフの各エッグ1であった。

ワシらはそれを逆手に取った。

それらのエッグにある仕掛けをして、海に大量に投げ込んだのである。


ある仕掛けというのは、「スパイス」と呼ばれる薬剤を注入し、流したのである。

それを知らずに大量に食ったギャオースはこんらん状態となり

それに乗じて、ワシとわたぼうはギャオースを1匹ずつ丘にあげてから

始末していったのである。


しかし、ワシらがあまりにも大量のエッグを流した為、

無関係なギャオースまで混乱し、同士討ちの末、

無残な姿で陸に打ち上げられた。


その数は100を越え、海岸はギャオースの死骸で一杯となった。


その後、ギャオースの臭いを嗅ぎつけた猛獣モンスター達が集まり

その肉を食らいつくした。


ワシは、これをセレクションの惨劇として戦争日誌に記録するとともに

本当の悪は店側である事にして、

わたぼうと今後の戦闘方針について、話し合うのであった。



次回予告

店側との対決を心に決めたワシらに

最強の刺客が現れた!

「青い星」の異名を取るその殺し屋は

ワシの仲間モンスターを全滅させ、

さらに、わたぼうまでもがその凶弾に倒れてしまう!

為す術もなく追い詰められるワシに、一つの秘策が閃いた!!

次回、ワシの戦争日誌 DQMSL編 「最強の殺し屋」


やつから逃れるすべは無い!

wasi








ツイッターも宜しくね!カダ@DQ10(@DQ10kada

関連記事



こめんと
もどる

とらっくばっく
もどる

  ぶろぐのとっぷへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。