りれき こめんと とらっくばっく

  カダ



かてごりー

かころぐ

ルーラ

さがす


おしらせ

スポンサー広告…スポンサーサイト

--/--/--

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


Jリーーーグ!…【Jリーグ!】湘南スタイルの真実【湘南サポ】

2015/03/10

 


うえーい!

いやー。

開幕戦のマッチデープレイヤーズアシストに

3口ぶっこんだけど、後悔してるよ!

(ニカノールさんの名前を勝手に使ったw)


それは、現地にいた人も多くの人が感じてたはずだ

スタメン見て、「これマジで?」と思ったはずだ。


昨年の強かった湘南を支えた、藤田征、岡田らを抑えて

去年、柏で使い物にならなかった高山、

怪我でシーズンを終えたコバショーが出て居たのだ!

いやしかし、彼らも成長したはず。

その僅かな希望にすがる様にして心を落ち着かせ、試合を見た。

  


追記:

そこには、2年前と何ら変わらぬ彼らの姿があった。

相変わらずバンザイアタックを敢行し爆死、さらにクロスも酷いコバショー。

足が早くて運動量が豊富(?)な高山君、しかしパスもドリブルもシュートもJ2下位レベル。

はは、まさか開幕戦でこんなものを見せ付けられるとは

みんなも思わなかっただろうなー。


ウェリントンがいないから、こうなった。じゃない。

ウェリントンの代わりは、二人もいるんだ。

ワシが1番推したいのがアリソン、次にブルーノ。

彼らは間違いなくウェリントンの代わりになるだろう。

どっちも使わずに大槻君だもんなww



そりゃ負けるわ。

開幕戦のメンバーならJ2相手でも下手したら負けるわ。


でも、実はこれが湘南スタイルだったりする。


湘南スタイルってのは、縦への推進力とか

豊富な運動量によるプレッシングサッカーだけでは無いのだ。

チョウ監督による謎人選、謎スタメン、謎交代も含めての湘南スタイルなのだ!


2年前、降格した時を思い出した。

あの頃、キレキレだった大竹君を使ったり使わなかったりのキジェ。

毎試合、スタメン見てはイライラしていたのを思い出した。


チョウ監督は、その週の練習で良い動きをした選手を使うという。

正直なところ、それだけじゃない、と思う。

間違いなく優遇指定選手がいる。

それがチョウ監督の意思なのか、スポンサーの意思なのかは、わからない。

ただ、それを決める権利があるのはチョウ監督なので、

結局は、チョウ監督の意思となる。

チョウ監督は、自分の意思で、明らかにベストじゃないメンバーを選んでいる事になる。


その結果、今シーズンも予想通り苦しいシーズンになりそうである。

ワシは開幕前に15位と予想したが、

開幕戦を見た限り、それすら厳しいと思ってしまったよ。


今年は開幕戦で3万、立ち見席のシーズンシートで3万は使った。

それで、もう打ち止めだな。

金を払う価値がない。


これからもチョウ監督は変わらない。

なんせ、ずっと続けてきた湘南スタイルだ。

これからも、大槻くん、高山くん、コバショーくんを優遇し、

相手サポを喜ばせて行く事だろう。


次節にアリソンがスタメン出場を果たし、

もし衝撃的なデビューを飾ったとしても、

今シーズンの出場機会は、大槻君に多く割り当てられるだろう。

それが湘南スタイルなのである。


書き忘れたけど、意味不明な懲罰交代とも取れる選手交代を食らった岡田くん。

鳥栖では、あそこまで酷い扱いはされないと思うから、

来期は鳥栖で頑張った方が良いと思った。

これも、湘南スタイルの一つなんだけど、

正直、理解不能だったし、明らかに機能していなかった。



早くも開幕三連敗がほぼ確定した湘南。

大ピンチではあるが、まだまだ想定内!


普通なら、成績不振では監督のクビが飛ぶんだけど、

湘南は監督交代はありません。

それも、ちょっとした湘南スタイルだな。


メンバーは今までにないほど揃っているに、

それを使えない湘南。

それが今年の湘南スタイルだとわかる開幕戦だった。


以下、開幕戦の湘南選手の甘口採点!

GK 秋元 5.0 3失点したが、特に致命的なミスは無かった。

DF 遠藤 5.5 致命的なミスは無く、PKを冷静に決めた。

DF アンドレバイア 6.0 この試合、1番の収穫。湘南の主力となれる事を証明した。

DF 三竿 5.0 致命的なミスは無いが、失点のプレーに絡んでいた。

MF 菊地 5.5 普段通りの良いプレーが多かったが、ミドルはもっと正確に。

MF 古林 4.5 PK獲得のクロス以外良いプレーは無く、プレーの質が低かった。

MF 永木 5.5 多少荒っぽいプレーもあったが、頼れるキャプテンは健在だった。

MF 菊池 5.5 攻守に渡り広く活躍。左サイドは彼がいれば安心。

FW 大竹 5.0 昨年同様の低パフォーマンスだった。このままではスタメン確保は厳しい。

FW 大槻 5.0 PK獲得はGJ。しかしウェリントンの代役としては全く機能せず。

FW 高山 4.0 この位置でJ1で通用するとは誰も思っていないだろう。2年ぶり復帰も成長の兆し無し。


交代選手

FW 岡田 ー 謎の交代劇により24分間の出場。採点なし。

FW 山田 5.0 パスの品質は見せてくれたが、終盤のチームプレーに合わなかった。

MF キムジョンピル プレー時間が短く採点なし。



次節は鹿島アントラーズ。

今日の様なメンバーで挑んだら、まず勝てないだろう。

それでも、大槻、コバショー、高山の内どれかは

また起用して貰えたりするんだろうなあ。


以上!!




wasi








ツイッターも宜しくね!カダ@DQ10(@DQ10kada

関連記事



こめんと
もどる

とらっくばっく
もどる

  ぶろぐのとっぷへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。