りれき こめんと とらっくばっく

  カダ



かてごりー

かころぐ

ルーラ

さがす


おしらせ

スポンサー広告…スポンサーサイト

--/--/--

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


戦国やらいでか…【戦国】もののふのすくつ【やらいでか】

2015/07/06

 
ワシの名はカダ。

オルフェアの戦士だ!


6月10日頃、ワシは戦国やらいでかを

開始した。

1日プレイして、戦力が10万を越えてから

2日目にギルドに加入した。

ギルド名は、もののふのすくつだった。

  


追記: ギルド内での戦力順位では

かなり後ろの方であったが、

歓迎して貰えた。


ゆるいプレイとリアル優先を

尊重しつつ、ロビーでの交流もするという

和気藹々とした良いギルドだった。


そこには、しっかりとした3本の矢があった。

ギルド長のとらこんさんは、

特に何かをするわけでは無いが、

ルールや縛りを気にしない人だった。

ゆるめの空気はここから発生していたのだろう。


副長のピラフさんは

やらいでかに関する色々な事を

よく知っていて、自分を含めたギルドメンバーに

それを教えてくれた。


もう一人の副長のムルソーさんは

ムードメーカーであり、

ゲームメーカーでもあった。

ギルドの採用担当もこなす

ハードな運動量も持っていた。

大半の指示系統はムルソーさんが

握っていたのかも知れない。

だが本人は否定するだろう。

身を粉にして働く者こそ、

自分の働きを否定し

過大評価しないものである。


ワシはゲーム序盤の約3週間を

ここで過ごし、楽しみながら

プレイヤーとして成長していくのだった。


お主には、いつか戻りたい場所が

あるだろうか。

ワシにとっては、ここである。

(実際に戻るかどうかは、別の話だけど)

ここならば10年だろうが、

20年だろうが、快適に過ごせる事だろう。


ワシは長い戦いの中で、

そういった心安らぐギルドを

いくつも見てきた。

ここも、その一つだったのだ。


しかし、3週間経つと

違いが現れ始める。

重課金戦士のワシと、主に無課金プレイヤーのギルド仲間

3週間でワシはギルド内で2番目の

戦力を確保する様になっていた。


課金額が違えば成長速度が違うのは

当たり前である。

しかし、そうなる事でワシには

欲が生まれ始めた。

もっともっと強いギルドで

自分がどの程度やれるのか、

どうなるのか、みてみたい。


それは戦士としては非常に喜ばしい感情だと思った。

まだワシにそんな欲が出てくるとは。

過去に、そういった欲が生まれた時は

2度ほどあった。

1度目は在籍していたギルドを

見捨てる様な事は出来ないと諦め、

在籍し続け、そのギルドには貢献できたつもりではいるが

最終的には個人として悔いを残す事になった。

2度目の時は、1度目の経験があるので

自分のやりたい様にやった。

大変だったが、何一つ後悔した事は

無かった。

多分、今回で3回目だ。迷いは無かった。


ワシはギルドチャットとロビーで

もののふのすくつメンバー達に挨拶をして

その場を後にした。

開始して約3週間経った7月1日頃の

事であった。


さて、どこに行こうか!

目指すなら上が良い!

出来るだけ頂上に近ければ

言うことはない!

その時のワシほど希望に溢れた者は

このゲーム内でもそうそう居なかっただろう。

ワシは本当に希望に満ち溢れていた

地獄の業火を見る、その時までは。



予告

圧倒的火力、圧倒的戦力、圧倒的人員力、

恐らく過去に日本軍が味わった米英の

巨大さと恐ろしさをワシは知る。

最も頂上に近く、最も地獄に近いと言われるここで

ワシは何を見るのか、果たして生き残れるのか!


次回、ワシの戦争日誌

Rumble-焔ー

お主も地獄の業火に焼かれて見るか!


尚、次回から在籍ギルドに関する記事となる為、

検閲が入ります。ご了承下さい。


wasi








ツイッターも宜しくね!カダ@DQ10(@DQ10kada

関連記事



こめんと
もどる

とらっくばっく
もどる

  ぶろぐのとっぷへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。