りれき こめんと とらっくばっく

  カダ



かてごりー

かころぐ

ルーラ

さがす


おしらせ

スポンサー広告…スポンサーサイト

--/--/--

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


戦争について…戦争日誌【戦争入門編】

2014/02/19

 ワシが戦争初心者の頃の日誌


○月×日

今日はソロで敵軍本拠地までたどり着いた。

敵から隠れて進んでいる為、一人も殺せていない。

過疎時間なので敵軍に大きな部隊も無く、仲間に流せる情報も無い。


しばらくして、敵軍に単独で行動している戦士を確認し、交戦に入った。

付け焼き刃の剣術で優勢に進めるも、敵方に応援あり、袋にされて死亡。

最終的に10名以上の敵影を確認した。

30分以上も行動して、交戦はたったの1分足らずだった。

次回からは、もっと積極的に敵と戦っていこうと思った。

  


追記:

その後


○月×日

今日は積極的に敵がいそうな場所を探していった。

交戦情報があり、交戦中の味方に応援に入った。

1-1で戦っているところに入り、剣を振り回したが敵に全然あたらなかった。

一生懸命攻撃を当てようと頑張ったが、気がついたら自分も味方も死んでいた。

敵が「おまえら弱すぎww」と叫んで消えていった。

弱いのはわかっていたけど、実際敵に言われると嫌な気持ちになった。



さらにその後


○月×日

所属していたチームで対人練習をしていて、チームメンバーと揉めた。

些細な事だったが、このままじゃ全然強くなれないと思っていたので

軍とチームから脱退して、山賊になる事にした。

山賊は、数が少ないので、戦場では小さな勢力だったけど

一人一人は強い人達だった。

また、1-1での対人練習を毎日やっているらしいので

自分も強くなれるかも知れないと思い、山賊になった。



○月×日

戦争デビューして1年が経ち、山賊になった。

毎日毎日、1-1の対人練習をしている。

山賊は、すごく強くみんな良い人達で、自分を受け入れてくれた。

対人では、なかなか勝てないけど、たまーに勝つとすごく嬉しい。



その後



○月×日

山賊のゲリラ戦闘に初めて参加した!

軍属がたくさんいたけど、5人編成で何人も倒した!

10人以上倒したかも知れない。

でも、自分はほとんど役に立ってなかった。

山賊はレベルが高いんだな~と思った。

山賊の一人が無双動画という事で、動画をアップしていた。

確認してみると、敵複数から逃げ回っている自分が端っこに写っていた。

自分も無双動画にちゃんと無双している所で写りたい!と思った。



その後


○月×日

今日も対人修行に励んだ。

山賊の中レベルの人には、そこそこ勝てる様になってきた。

強い人達には、全然勝てないけど。

山賊の強い人達の中で、勢力が分かれ始めた。

何か揉めてるけど、特に気にせず、対人の練習をしていた。


その後


○月×日

山賊の中で勢力争いが発生した。

今までは山賊が山賊と戦うことは練習以外では無かったけど、

山賊同士が戦う事態に発展していた。

山に籠もって対人練習を続けてきたけど、最近は出来ない事が増えてきた。


山賊を襲う山賊の発言が酷かった。

いきなり襲いかかってきて、相手を殺してから罵詈雑言を浴びせていた。

きっと山賊に殺された軍人が山賊になって嫌がらせをしているのだろう。


○月×日

山賊狩りと徹底抗戦する事にした。

不意打ちは得意なので、山賊狩りの首領を何度も殺した。

けど、精神的にはあんまり効いていない様子だった。

山賊狩りは無くならなかった。


続く。



補足情報1 操作性

そのゲームの操作性は、キャラクターを動かしながらコマンドを入力すると攻撃をし、

攻撃の射程範囲に敵が入っていて、初めて当たり判定が出るものだった。

加えて、攻撃が当たったとしても、数多くの反射攻撃や盾のカード技があり

動かないMOBと違い、こちらも動きながら、動く敵に攻撃を当てることは当時は難しく感じた。

補足情報2 勢力

青色の国旗の軍勢と赤色の国旗の軍勢、それから白色の国旗の山賊の3つの勢力に分かれていた。

但し、山賊は青軍・赤軍と比較すると非常に少ないので、戦争では脇役扱いだった。

青軍・赤軍は、友軍に攻撃は不可能だが、山賊だけは仲間の山賊にも攻撃することが出来た。

その仕様を利用して、山賊で対人練習をするものは少なくなかった。


wasi








ツイッターも宜しくね!カダ@DQ10(@DQ10kada

関連記事



こめんと
もどる

とらっくばっく
もどる

  ぶろぐのとっぷへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。