りれき こめんと とらっくばっく

  カダ



かてごりー

かころぐ

ルーラ

さがす


おしらせ

スポンサー広告…スポンサーサイト

--/--/--

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


戦争について…戦争日誌【青軍復帰編】

2014/03/01

 
このタイミングで戦争日誌を書く意味はあるのか。


ある!という事にして置いてくれ!


どうせ、今は誰もみねーよ!ww

いつか、戦争が起きた時の参考になれば良いんだ。

そうだ、そういうことだ。


考え方を変えるんだ。

誰も見てないからこそ、好き放題書ける!と。
  


追記:
○月×日

亡命の日がやってきた。

最後にチームチャットで挨拶し、チームを脱退した。

チームのメンバーは暖かい言葉をかけてくれた。

リーダーはいなかったけど、仕方ない。


亡命は成功した!妨害もなく、無事に青軍に入隊することが出来た。

そして、昔の仲間の元へ行き、スライディング土下座!!

謝るしかなかった。

些細なことからのケンカ別れだった。それから、2年が経っていた。


ドSな仲間達だったが、意外な反応が返ってきた。

遅かったじゃねーか、とか。

待ってたぞ。くらいの返事だった。

嬉しかった。


番外編 ドSな仲間達(2年ぶり)

リーダー・ポイさん ワシに取ってのカリスマ。性格が良く、面白かった。カダのモデルとなっているキャラ。

鬼軍曹A ポイさんやワシを初期の頃から育ててくれた人。強いけど気性が荒い。

鬼軍曹B 戦争大好きな鬼。下手な動きをすると物凄い勢いで怒られる。ゲームなのに怒られる。

ハヤシ ハヤシライスが大好きなのでワシがハヤシと命名。鬼軍曹Bの仲間。ワシが不在の間に加入。

鬼子さん 唯一の女性なんだけど鬼。



○月×日

ドSな仲間達と戦場に出た!


自分が居ない間に一人仲間が増えていて、その人も自分と同じタイプ

(DQでいうとパラ系)のキャラだった。ハヤシライスが好きらしい。


PT戦闘よりソロの戦闘が得意な鬼子さんがPTから外れて行動し、

自分、ポイさん、鬼A、鬼B、ハヤシの5人で行動した。


構成はヒーラー2枚、サブアタッカー兼補助係りが2枚、メインアタッカー1枚という構成だった。

結構、守備的な構成だったが、これが見事にハマった。


散々に敵を打ち破った。

調子に乗って進んでいたら、30人規模にボコボコにされたけど。

それまでに20人くらいは殺したかも知れない。5人、いや6人で!


この頃、ドSな仲間達は意外と凄いんじゃないか、と思い始めた。

後でわかったんだが、ワシが戦争にのめり込んで鍛えている事を知っていた連中は

かなり自分達で修練を積んでいたらしい。

負けず嫌いという事かも知れない。




○月×日

今日は大規模戦闘にも参加した。

もの凄く重くなるから好きではないんだけど、かなり楽しめた。

両軍合計150人程度が、一斉に戦う様は野戦そのものだった。


かなり貢献できていたと思うけど、戦績はトントンだった。

相手(赤軍)も強いな~と思った。


○月×日

最近気が付いたんだけど、相手(赤軍)の動きが分かる。

赤軍に1年半いたせいか、その状況に於ける赤軍の心理状態から、

次の行動まで完全に読めるようになっている。


指揮をするつもりは無いけど、PTのゲリラ戦でかなり使えそうだ。

でもそれを鬼達に言ってみたら「相手の動きが分かる戦争なんて面白いか!」と一喝された。


○月×日

今日は自分が考えた作戦で、赤軍を倒しまくった。

敵本拠地近くの閉所に赤軍を誘い込んで、PTで一気に殲滅するという作戦だ。

本拠地近くだと、仲間がたくさんいるから、相手も強気で攻めてくる。

でも自分のPTは非常に堅く、また敵の攻撃も雑になるから、

必ず凌ぎきってたくさんの兵を倒せると思っていた。

相手の心理状態をついた作戦だった。


はまりにはまって、死体の山が出来た。

20人以上は間違いなく殺していた。

あんまり倒しすぎて、怖くなって逃げたら、逃げた先に敵軍30規模が居て轢かれた。

逃げて死ぬなら、攻めて死んだ方がいいな、と思った。



それから1年が過ぎた・・・


○月×日

日々順調に戦争をこなしている。

両軍拮抗していて、とても面白い。

鯖が強化されて、大規模戦闘の人員が増えてきた。

一番多いときは両軍合わせて400人の大乱闘になった。

400人いると、判定が出なかったり、鯖落ちしたり大変だけど、かなり面白い!


○月×日

最近は青軍に、おかしな発言をするキャラクターが出てきた。

元々このゲームには、同じマップ内の敵味方、全ての人にチャットを送れる「シャウト」があった。


自分の位置がばれるため、戦場では御法度となっていたが、

赤軍への嫌がらせでシャウトを多用している様だった。

もちろん内容は、相手を罵倒したりするもので、今ならハラスメントに該当する。


○月×日

ここ数年、ずっと拮抗していた両軍だったけど、最近は赤軍が優勢になってきた。

どうも、同じ青軍にシャウトによる迷惑行為をするキャラがいて

その影響で、青軍の人員が赤軍に流れている、という事だった。


嫌がらせをされているのは赤軍なのに、青軍が減るというのは

戦争プレイヤーの価値観が分かる動向だなあと思った。

あんな奴とは一緒に戦いたくない、という事だろう。


自分と鬼達は青軍から動く気はなかった。

自分はあんな事件もあったし、赤軍には2度と行かないつもりだった。

鬼達もこの状況はむしろ、ハードモードでプレイできると喜んでいた。


そして、劣勢な中でも自分たちは日々戦いを続けた・・・

固定PTを組み、戦場では敵を倒して倒して倒しまくった。

しかし、戦争は数である。

青軍に復帰して2年が経った頃、青軍はかなりの苦境に立たされる様になっていた・・・。



日々大規模戦闘で負け続け、指揮すら立たなくなる青軍。

指揮を意識し始めるワシ、そしてそれを止める鬼達。

圧倒的な数で攻める赤軍に対し、青軍に打つ手はあるのか!


次回、戦争日誌【青軍苦境編】お楽しみに!



諦めなければ、絶対に勝てる!!


wasi








ツイッターも宜しくね!カダ@DQ10(@DQ10kada

関連記事



こめんと
もどる

とらっくばっく
もどる

  ぶろぐのとっぷへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。